>  > 女々しいけど忘れられません。

女々しいけど忘れられません。

女々しいかもしれないけど、わざわざ童貞を卒業するためにソープに行ったせいか、お世話になった風俗嬢を忘れることは難しいように思いました。もう一度、会えないのかお店に確認しました。元々、滅多にシフトを入れないどころか、そのまま誰かに相談しないまま逃げるように辞めていたことを教わりました。一応、童貞だったのに嫌がることなくプレイに付き合ってくれたし、あんまり悪いような雰囲気は感じないし、そのままお店を信用するべきなのか不安になりました。しかし、さすがに深入りするような勇気はなかったし、そのまま確信を得られないまま、どんな風に忘れるべきなのか迷いました。当時はテンパったままだったし、ちゃんとしたお礼を伝えられないままだったし、さすがに後悔しました。純粋にお礼を伝えたいのに、いまだに手掛かりっぽいものは見付からないために挫折するかもしれません。ひょっとしたら一般人に戻ったように思いました。たしかに風俗嬢だったし一般人に戻ることは難しいことかもしれません。しかし、色々な事情は誰しもあるように思いました。このまま幸せになるように見守ることさえ最善策かもしれません。しかし、自分自身は進歩することなく素人童貞だったし虚しくなりました。

[ 2015-05-03 ]

カテゴリ: ソープ体験談